白色床の住宅は掃除をこまめにする人向き

マイホームの床の色選びについて言いたいことは「白はやめておきなさい」ということです。フローリングにしてもクッション素材の床材にしても、マイホームの床に白を選ぶと、髪の毛が目立ってしまいますよ。

そりゃあ白色の床はカフェっぽくていいなぁーとは思います。私だって憧れました。けれども、「マイホームの床は白いフローリングってありだよね」なんて職場で話していた際に、大きな反対意見を述べる先輩がいたのです。しかし私はすぐに先輩の意見に納得しましたよ。

職場の先輩曰く「うちの職場の床を見てごらん」ということで。その当時の職場の床が白にやや模様の入った床材だったのですが、確かにゴミが目立ちます。当時の職場は清潔第一でしたから、白色の床の理由はよくわかります。ゴミがわかりやすいので、すぐに掃除することができますからね。

しかしマイホームで考えますと、そこまでこまめに掃除はしません。少なくとも私はそこまでこまめに掃除をするタイプではないと自分自身で思いました。だからこそ「私、白色フローリングやめます」と思ったのです。言われてみたら、カフェ風な白色の床は掃除をこまめにする人でないと向かないかなーと思いましたので。