一戸建て住宅には小さくても花畑を!

我が家のピクチャーウインドウから目に飛び込んでくる景色は、まず小さな花畑です。春にはクリスマスローズに始まり、ムスカリやチューリップ、ヒアシンスなど。夏には紫陽花、バラ、ユリ、ラベンダーなど。秋には、キキョウ、コスモス、菊などがそれぞれの季節に合わせてきれいに咲いてくれます。家づくりには、さほど興味のなかった主人が、最近、朝食後の出勤前、南側のピクチャーウインドウの前に座って必ず外を見ます。「きれいに何か咲き始めたね。」と。名前は知らないけれど、家にも花にも興味がなかった、主人のそういう変化に、私自身も家を持ったことの喜びを実感しています。孫たちも遊びに来て「スズメがいるよ」「蝶ちょがとんでる~」と嬉しそうにしています。

花畑を通して皆に情緒的な気持ちが広がっていっているような気がしています。

何よりは私自身が土に触れることで元気になり、雑草を取っていると心がすっきりします。

今は宿根草を植えることで、手間いらずのきれいな花を増やし、雑草を取る時間とお金の節約をしようとしています。