意外にお金がかかる付属工事

一戸建て住宅を建てる際に、意外にお金がかかる付属工事があります。一戸建て住宅を建てる際に、見落としてしまいがちなのが、シャッターやベランダなどの工事です。

一戸建てを建てる際に、これらのことについてはあまり間取りとして考えないことが多いのですが、実際に建てるとなるとかなり金額がかかってしまいます。

窓が大きな家、明るい家はとても人気なので、窓をたくさん作る方も多いです。しかし、そうなると、それだけ多くのシャッターを付けなければなりません。防犯上気になることも多いですし、災害があったときのことを考えると、不安な面があります。

シャッターは窓の数にもよりますが数万円~数十万円という費用がかかります。

1階だけではなく、2階にも全てシャッターを付けようと思うと、それだけ費用がかかってしまいますので、これを建てる際の付属工事で必要になることを知っておくことが必要となります。

あとから、追加で料金がかかってしまい、驚く方も多いようです。

PR:群馬県伊勢崎市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室